店員ミナッチの送別会@
 

ついにその日がやってきた。いつか来るのはわかっていたけど、その日が来てもらいたくないとずっと思っていた。いままでいろんな女性を見てきたけど、こんなに強い女性に会ったことがない。そして優しく、思いやりがあり、誰からも好かれる。釣りに関してほとんど素人のときに俺の店に入り、こんなマニアックな壊れた客ばかり来るお店で愚痴一つこぼさず働いてくれた。2004年の5月10日から2007年の3月31日までほぼ3年間の勤務だった。

こんな姿は見たくなかったけど・・・

ミナッチとの出会いはバラッチとの3年前のエジプト遠征から始まる。ちょうどその頃、従業員を募集していたが、なかなか良い人が見つからず困っていた。そんなとき、エジプトから帰国したときにバラッチの彼女であるミナッチが成田まで迎えに来てくれた。俺の自宅まで送っていただいてるときに従業員を探している話をした。するとバラッチが「ミナッチがプーしてるから新しい従業員が見つかるまで・・・」。そしてトントン拍子で話は弾み、2日後にはプロショップMOGIで働いていた(笑)

バラッチのエジプト遠征です。
採用したときに「仕事を覚えていただくまで半年くらい遠征はすべてキャンセルするから」



しかし


 

1ヵ月後には奄美、その翌週はオーストラリアの秘境ローリーショールズへ飛んでいってしまった。

俺はミナッチの研修も終わらないまま、1ヵ月後は奄美大島へ
その1週間後はローリーショールズへ11日間の長期遠征

さらに網走、知床、アマゾン、コスタリカ、ロードハウ、パース、ニューカレドニア、フィジー、フレーザー島、奄美、ニュージーランドと続く。1年の半分以上は1人で留守番のミナッチだった。ひでえオーナーである。

しかも新しい従業員をさがす気はこれっぽっちもない(爆)
その夏は駿河湾でジュビロ磐田の選手たちとシイラ釣り

これがミナッチとの始めての釣りだった。

でも釣れたのはこれだった。

http://www.uminchu-mogi.com/chokoki04_b/suru04_7a.htm
2年目になると俺の海外遠征はさらにエスカレート。

1人で留守番をしているミナッチ。

オーナーは1ヶ月に3日しか日本にいないときもあった(^^;
2回目のミナッチとの釣りはグルーパーのシーバス大会だった。

なんとミナッチが3位に入ってしまった。
そして昨年の5月、バラッチとミナッチは結婚した。
素晴らしい結婚式だった。鬼の目にも水みたいなものが・・・

http://www.grouperboys.com/event06/minako0605/minako_0605a.htm

結婚を機に退社時間を6時とした。そして里見君がお店のお手伝いをすることになった。普通なら辞めるのだろうけど、辞めさせてもらえなかった(笑)

でも従業員が1人増えたおかげでお休みと釣行回数は増えた。

http://www.grouperboys.com/chokoki06f/07yui2/07yui_a.htm
9月には念願だった。知床グルメツアーに参加した。

http://www.grouperboys.com/chokoki06f/09shiretoko/09shire_a.htm
カラフトマスも釣れました。
秋には新婚旅行です。なぜかタコちゃんが真ん中に(爆)

http://www.grouperboys.com/photo_06b/gibraltar2006/gibraltar0610.htm

新婚旅行の引率は俺でした。スペインの人たちの暖かい歓迎で毎日楽しい釣り、宴会でした。

飲みすぎて翌日はこんなことも・・・


その2へ