100ポンドオーバーのクロマグロフィーバー

北九州、玄界灘の七里が瀬で5月中旬、立て続けに100ポンドオーバのクロマグロが3本キャッチされた。全部がルアーのキャスティングである。タックル、テクニック、操船などこの1年で物凄く進化した感がある。クロマグロは日本列島の北から南まで回遊する。どこでもチャンスのあるターゲットだ。年々エスカレートするこのゲーム、今年も目が離せない。

 

アングラーは山口の佐伯浩一さんです。5月21日

 

クロマグロ55キロ、153センチ
※血抜き後検量

【データ】

船:オクトパス
ロッド:HOTS・タイドレジェ72H
リール:ソルティガ6000GT(スプールはステジオオーシャンマーク)
ライン:よつあみ・キャストマン6号
リーダー:サンライン・ビッグゲームショックリーダー130ポンド
ルアー:バレーヒル・湾人World205

田代船長がヒットさせて、みんなで交代して楽しんだそうです。5月15日。

クロマグロ54.7キロ、153センチ
※血抜き後検量

【データ】

船:鰤走
ロッド:カーペンター・大間92
リール:ソルティガ6000GT
ライン:PE6号
リーダー:ナイロン200ポンド
ルアー:カーペンター・フュージュラー145グラム

アングラーはカーペンターの小西健滋さんです。七里で勝率10割は凄いの一言!
同じ日に37.5キロもキャッチしました。5月23日。

クロマグロ47キロ
※船上検量

【データ】

船:鰤走
ロッド:カーペンター・大間92
リール:ステラSW20000PG(スプールは16000)
ライン:PE5号
リーダー:ナイロン130ポンド
ルアー:カーペンター・ライブリーサーディン
ファイティングタイム:13分