クロマグロをキャスティングで連続キャッチ

3月17日、カーペンター工房の小西健滋が玄界灘で1日で30キロオーバーのマグロを2本キャッチすると言う快挙を成し遂げた。この男が行くと必ずドラマが起きる。ルアーは試作ルアーだ。数年前のことだが青森で持参のルアーがまるで役に立たなかった。その原因がわかると、そのまま近くのホームセンターに行ってバルサ材と針金を購入して即席ルアーを作った。それで翌日マグロをキャッチした。常に研究熱心でひたすら努力するからできる。これからも小西のルアーから目を離せない。
 

クロマグロ36キロ
※船上計量

【コメント】

いい仕入れができました(爆)



【データ】

船:鰤走
ロッド:カーペンター・大間92
リール:ステラSW16000HG
ライン:PE5号 350メートル
リーダー:ナイロン130ポンド
口糸:ナイロン80号
ルアー:試作ルアー
ファイティングタイム:6〜7分

 

クロマグロ34キロ

ロッド:カーペンター・大間92
リール:ステラSW16000HG
ライン:PE5号 350メートル
リーダー:ナイロン130ポンド
口糸:無し
ルアー:試作ルアー
ファイティングタイム:3分

大間92のポテンシャルは高い。あの伝説の11時間ファイトもこの竿だ。

ほぼ完成したマグロ用試作ルアー。発売が楽しみだ。

ビルダー小西健滋の報告
http://www.carpenter.ne.jp/sub2006.03.15%20sagaken%20kuromaguro.htm

マグロはおすそ分けしていただきプロショップMOGI
(別名・居酒屋MOGI)で美味しくいただきました。