アルゼンチンでドラードを釣る@

その2 その3 その4 その5
 

開高健のオーパに影響されている釣り師って多い。あれに出てくる魚を全部釣ってみたいとずっと思っていたし、今でも思っている。海がメインの俺にはかなりの年月がかかるけど、それでもハリバット、ピラルク、ターポン、キングサーモンと釣ってきた。そして今回は黄金の魚「ドラード」である。これは地球の裏側に行かなくちゃならない。かなりの時間とお金を費やしての遠征である。

参加者はメジ1号、変態ビルダー、タコ、KAZZ、Zapo、バク、もぎ、住田(ガイド)の8名である。

これがオーパ!これを購入してもう17年も経つ。

そしていよいよ出発。アルゼンチンは遠いのだ。

成田〜トロント〜サンチャゴ〜ブエノスアイレス〜レシステンシア

そして陸路を車で4時間。

帰りは陸路を車で4時間かけてコリエンテスまで行き

コリエンテス〜ブエノスアイレス〜サンチャゴ〜トロント〜成田

アメリカ経由のほうが時間が短いのだが、わけありが1人いるので(^^;

トロント到着。トランジットは8時間である。あちこちで寝てます。

あちこち乗り継いで、やっとレシステンシアに着いた。約40時間である。

ロッジの車に荷物を積む。ここから陸路4時間である。

やっとロッジに到着。現地時間で深夜の2時頃。

食堂です。

変態ビルダー君、宝物発見か?

ナイフ持って不気味に笑ってました。

バク君もあちこち物色してます。

でも何も買いませんでした。

ドラードを釣るルアーだそうです。

まずは乾杯♪真ん中の人がコーディネーターの住田さんです。

これは桟橋側から見たロッジです。

メルヘンですな。

 

その2へ