地球の楽園セイシェル!@

アミランテス群島

その2 その3 その4 その5 その6 その7

 

俺がセイシェルという名を耳にしたのは25年位前に石垣島に行ったときだ。現地で知り合ったダイバーの人が「セイシェルが一番きれい」と語っていた。以来、いつか行ってみたいなとずっと思っていた。
今回のツアーは最初はモーリシャスに行く予定だった。ところが段取りをお願いした海外の友人がセイシェルの方がいいと言ってきたり、モーリシャスの離島(環礁?)が面白いと言ってきたり、ころころ変わるので「大丈夫かな?」と心配になってツアー会社のフリーライドアングラーズにお願いしたわけである。その友人はけっしていい加減なことを言っているわけだはなかった。何が何でも釣らせようという責任感から、場所がころころ変わったのだと思う。それが英語なので、上手く俺に伝わらなかった。
フリーライドアングラーズの更井君とは彼が学生時代に一緒にコモドに行ったことがある。真面目な性格であったことを覚えている。昨年のカザフスタンも彼に頼んだ。今回も「まだ扱ったことがないので」と現地のことをこと詳しく調べてくれた。ボーンとGTが狙えることが条件である。そして12月8日出発の日を迎えた。

途中トランジットのカタールのドーハ空港で。早くも壊れた顔が(笑)

国際空港のあるマヘ島に到着。

送迎の車でマリーナに到着。たくさんのヨットが停泊していた。

今回はなんとヨットである。カタマランで乗り心地は良さそうだ。

テーブルの上にはフルーツが。バナナはすぐ食べられるのと、数日後に食べるものが。

 

隣はキッチンである。寝室は両サイドに2部屋づつ、計4部屋あった。

部屋が足らないので、俺はマットを敷いて外に寝た。

出港である。帆を揚げるクルー。クルージングスピードは6ノット・・・

目的地のアミランテス群島まで距離にして200キロ、20時間以上かかるので、早速宴会です。

玲子ちゃんはGPSを見ながら、いろいろと質問してます。

トローリングにちょうど良いスピードなので、何本も出しました。

全部ヒットしたらどうすんだ?

ガイドのフライを見せてもらった。

これはGT用らしいです。

トローリングに来た!余裕のファイトです。

セイルフィッシュでした。

フックを外してリリース♪

 

その2へ