食べない釣りもある@コスタリカ編!@

その2 その3 その4 その5
 

最近の釣りは仕入れとか、グルメとか、宴会とかがメインである場合が多い。はるばる海外まで行って仕入れなんてのも(笑)。でもやっぱり釣りの醍醐味はファイトである。GTもマグロもカジキもヒラマサもカンパチも素晴らしいファイターである。そしてまずくて食えない魚の代表がターポンである。なのにはるばるコスタリカまで行くのだ。

それはターポンが

トップクラスの

素晴らしい

ファイター

だからである。

このジャンプが見たくてまたコスタリカに行くのだ。


1回目のターポン遠征(2002年)
http://www.interq.or.jp/boss/uminchu/chokoki/cos02_10a.htm


2回目のターポン遠征(2004年)
http://www.uminchu-mogi.com/chokoki04_c/cos04_10a.htm
 

乗り継ぎのヒューストンで巨大なカジキ発見!

コスタリカのサンホセ空港に到着。エイジ隊長のスーツケースが出てこない。

マットンの下着を借りることに(爆)

サンホセのホテルの中には和食のレストランがあった。

このプロペラ機でリオ・コロラドまで約1時間。

緑の多い景色

いつかは運転してみたいなあ

川はどこも凄い濁り。

コスタリカは熱帯雨林気候である。国土の30パーセントが
国立公園や保護区になっている。野生動物の宝庫でもる。

リオ・コロラドに到着。大塚君やラクロアさん達が入れ替わりで帰国の途に。

 

その2へ